行動トリガーとは、人間をつぶさに観察し、人々の行動を変える独創的なアイディアを誘発するための10の引き金です。

様々な角度から人間の行動様式を研究した結果、人々の行動を変えるきっかけとなるポイントは、10タイプに分けられることがわかりました。

ひとつのブリーフを多角的にアプローチするために、これらの「行動様式の引き金」を活用しています。

1 「認識」

人は、自分が感じ取ったものを信じ、それに伴った行動を取ります。

2 「損得」

人は、ご褒美があると行動しますが、「負ける」「損する」といった恐れはそれ以上に人を行動に駆り立てます。

3 「自分事」

自分が最も興味のある対象は自分です。「自分事」は、それだけで価値や重要性を高めます。

4 「楽しさ」

ユーモアや楽しさは、行動に抵抗感のある人の背中を前向きに押してくれます。

5 「選択肢」

面倒であったり無知の状況では、小さな「決断のお手伝い」が大きな効果を生み出します。

6 「ゲーミフィケーション」

人を引き込む性質があるゲーム性は、習慣化と継続性をもたらします。

7 「視点」

自分の眼の前で起きている状況を把握し決断する瞬間、人は「精神的な近道」をします。

8 Experience Design

計算されたサプライズやデザインによる体験は、大きな影響力があります。

9 「承認欲求」

人は、意識的にも無意識的にも、自分の意志よりも他人や周りの状況に認められる事を優先する事があります。

10 「感情」

多くの場合、感情は理屈に勝ります。